岩手県立一戸高等学校
一戸高校 中学生向け学校案内
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

一戸高校 中学生向け学校案内

岩手県立一戸高等学校

校名  岩手県立一戸高等学校
学科 総合学科
創立 明治44年
郵便番号 028-5312
所在地 岩手県二戸郡一戸町一戸字蒔前60の1
電話番号 0195-33-3042(職員室) 0195-33-2861(事務室)
FAX番号  0195-33-2777(職員室) 0195-31-1951(事務室)
交通機関 IGR一戸駅から徒歩20分(バス5分)
校長名  上野 光久
生徒数 230名(令和4年5月1日現在)

1 特色ある教育活動
 (1)1年次では、「産業社会と人間」の学習を通して、多様な体験から将来の進路を考え、目標に向かって 学習する意欲と態度を形成していきます。 (2)2年次からは、「人文・自然系列」、「情報ビジネス系列」、「生活・ 文化系列(家庭・芸術・農業)」「介護・福祉系列」の4つの系列に分かれ、各自の進路希望に応じた専門的な学習を行います。
(3)年度末には、総合学科全体発表会を町内の施設で実施します。 1年次生は「産業社会と人間」の時間で計画した「ライフプラン」の発表、2・3年次生は各系列で学習 している内容について「系列発表」などを行います。
(4)本校オリジナルの創作ダンス「華一」をクラス毎にアレンジし、クラス対抗で行われる「華一発表会」 は、毎年御所野縄文公園の野外広場で開催され、町民や地域の方々から喝采を浴びています。 また、スポーツ大会や、桜陵祭(文化祭)などの学校行事もあります。桜陵祭では、農業・家庭・商業・ 芸術の発表や石窯での手作りピザ体験など、4系列の学びを総合した総合学科展等が人気を博しています。
(5)一戸町から補助を受け、語学研修や異文化体験を目的としたアメリカへの海外派遣や、先進的な福祉制度 視察のためのデンマークへの派遣を行っています。(R2、3年度はコロナ禍により中止・規模を縮小して実施)
(6)なぎなた部は、平成28年度の「希望郷いわて国体」開催を機に設立され、いわて国体では演技競技で 見事に全国制覇を成し遂げた他、インターハイでも代々の選手が上位入賞をおさめています。
 本校独自の創作ダンス「華一」に取り組む華一同好会も、町内はもとより岩手県内の各種イベントで 活躍をしています。
 これ以外にも、自己の能力を鍛え高めようと、多くの文化部・運動部が活動中です。
 令和2年度から「高校の魅力化推進事業」(令和4年度には「いわて高校魅力化・ふるさと創生推進事業」)の実施校に指定され、地域の課題を発見し、解決する学習を 行っています。1年次は二戸地域の起業家から直接、地元の産業について話を聞く「地域創生講話」等を 行い、地域への理解を深めています。2年次は「総合的な探究の時間」に地域の抱える課題からテーマを 設定し、グループで協働して調査研究活動を行っています。その際、一戸町の地域おこし協力隊から助言を 頂いています。課題研究の成果は、総合学科全体発表会や萬代舘縁日で披露することになっています。

2 校長から一言
 本校は、県北地域唯一の「総合学科」高校です。 総合学科の魅力は、生徒が自分の進路希望、興味・関心、能力・適性に合わせて、2年次からの4つの系列 (「人文・自然系列」「介護・福祉系列」「生活・文化系列」「情報ビジネス系列」)を選び、さらに各系列の中 で学びたい科目(授業)を自ら選べるところにあります。それによって、少人数で学べるということが、総合学科高校 の最大のメリットなのです。

3 必要となる諸経費
 必要となる諸経費の概要【参考 令和4年度諸経費】
①入学料 5,650円
②授業料 月額9,900円(4月~3月 12回払い)
③一括納入金 61,000円
④諸会費 37,000円 (年額)

昨年度の高校入試情報はこちらから

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
岩手県立一戸高等学校
明朗 誠実 進取